阪神・福留 現役続行へ不撓不屈「自分の人生、人に言われたからやるのは面白くない」

[ 2020年10月30日 05:00 ]

ウエスタン・リーグ   阪神7-5中日 ( 2020年10月29日    鳴尾浜 )

<ウエスタン 神・中>ひきあげる福留(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 来季の戦力構想から外れている阪神・福留孝介外野手(43)が29日、ウエスタン・リーグの中日戦(鳴尾浜)で猛虎でのラストゲームに臨んだ。「3番左翼」でフル出場し5回に適時打を放つと、守備でも初回に追加点を阻止する補殺を記録した。「僕の中ではこのユニホームを着てプレーするのは最後だという思い」と話し2013年から8年間プレーした猛虎に別れを告げた。

 【福留に聞く】
 ――区切りは付いた?
 「付いたというか、自分の中ではある程度決めてるんでね。そういうところも考えれば、今日のホームゲームを…とは思ってたんで。別に(完全に)ユニホームを脱ぐという気持ちを持ってるわけじゃない」

 ――自身がタイガースに残したもの?
 「何もないでしょう。何もない。まあでも何ですかね。野球が好きでね、やれるっていうかやらしてもらえるっていうことがどれだけありがたいことか、そういうことを選手にはいろんな話はしてますし、そういう事が少しでも選手がみんな感じてくれたらそれはそれで良かったのかな」

 ――今年は当たり前ではない年だった。
 「なかなか難しい年でしたけど、その中でもこうやってやらせてもらってるんでね、みんな。そういう意味では最後までしっかりと、というのは何があってもね。やっぱり自分の人生、人に言われたからやるっていうのはやっぱり面白くもないし。自分でそこの所でどれだけ後悔せずにやれるか。自分でどれだけ自信をもって胸張ってやれるか。そういうことは若い選手にもグラウンドに出たら胸を張ってやれということは話してきた。そういうところは伝えられたかな。どうなるかは分かりません(笑い)」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース