中日・福田も今季絶望 2回の守備で負傷交代

[ 2020年10月30日 22:08 ]

セ・リーグ   中日3―17広島 ( 2020年10月30日    ナゴヤD )

<中・広>2回1死三塁、松山の適時内野安打で、ボールに飛びつき左手を負傷し、ベンチに戻る福田(左は与田監督)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・与田監督は、2回の守備で負傷交代した福田について「左肩ですね。かなり痛そうにしていた。数日で戻れるケガでない」とし、今季の復帰が絶望的なことを明かした。

 一塁で今季初先発した福田は、2回の守備で打球に飛びついた際に、左肩を強打。トレーナーに左腕を支えられながらベンチへ下がり、そのまま交代となった。

 チームでは28日に同じ一塁手のビシエドが打球に飛びつき左肩を負傷したばかり。シーズン終盤に故障者が相次いでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース