誠也、5年連続25号! 広島では江藤以来21年ぶり快挙

[ 2020年10月30日 20:49 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2020年10月30日    ナゴヤD )

<中・広>8回1死一塁、鈴木誠は中越え2ランホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島の鈴木誠也外野手(26)が中日戦(ナゴヤD)の8回に25号2ラン。球団では江藤智以来21年ぶりとなる5年連続25本塁打を達成した。

 開幕4番から9月28日に3番へ打順を移していたが、この日は先発メンバーから外れ、ベンチスタート。7回に代打で登場して中前へ同点適時打を放つと、8回には18日の中日戦(マツダ)以来10試合ぶりの一発となる25号。2016年から5年連続25本塁打以上を達成した。

 広島打者の5年連続シーズン25本塁打以上は1993~99年に江藤智が7年連続で達成して以来21年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース