ソフトB・周東 初回にあっさりプロ野球新12戦連続盗塁決めた!「明日も走ります」

[ 2020年10月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3ロッテ ( 2020年10月29日    ペイペイD )

<ソ・ロ>初回1死一塁、打者・中村晃の時に一走・周東は二盗成功。12試合連続盗塁成功の日本記録を達成(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 初回で決めた日本新!ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が初回に二盗に成功し71年と74年の福本豊(阪急)を抜く12試合連続盗塁のプロ野球新記録を樹立した。月間盗塁数も22に伸ばし、史上6位タイとなった。試合も相手暴投によるサヨナラ勝ちを収め、チームは10月20勝目。月間勝利数の球団新記録となった。

 試合開始から10分後の午後6時10分。12試合連続盗塁を決め、記念ボードを二塁上で掲げる細身で美肌の24歳がいた。通算1065盗塁の“世界の福本”が到達できなかった領域に周東は到達した。
 初回先頭で二塁内野安打を打ち出塁。続く中村晃の2球目だった。バッテリーはスタートを警戒し、ウエスト気味の直球。捕手・田村は二塁送球も、左足での全速スライディングが、先に到達した。

 「できると思ってなかったんで、まだフワフワしています。本当に、福本さんには気にかけてもらっている。僕の中で雲の上の存在、伝説的な人なんで、素直にうれしいし、いつも通りに焦らず(100点中)50点の企画ができました」

 71、74年の福本豊(阪急)を抜くプロ野球新記録の12試合連続成功。日本タイ記録の11試合連続に成功した28日夜の試合後には“レジェンド”からの「凄いし、速い。(記録は)破ったらいい。どこまで続けるかやね」との言葉をもらっていた。重圧からの解放。感情がこみ上げたのか徐々に鼻声になり、声は上ずった。

 実りの秋。一気に駆け抜けての金字塔だ。7月は出場22試合目、同24日の日本ハム戦での今季初盗塁を含む2盗塁のみ、8月は10、そして9月は14、10月は22盗塁と増えていった。ただ、スタメンに定着しV争いを演じる中、夏場70キロあった体重が9月から4キロ減った。「しんどくて、食欲がなくて減ったけど、切れが出てちょうどいいのかなとも思います」とプラスに捉え続けた。

 工藤監督は「本当に1打席目から大したもん。打ちますし1番からは外せない」と全幅の信頼を置く。

 周東は次なる目標は「ないです」とニヤリと笑った。ひと呼吸おいて「明日も走ります」。13試合連続盗塁を予告した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース