元中日・森野将彦氏が初の著書 星野氏、落合氏ら名将から「使いこなされる力」告白

[ 2020年10月30日 17:42 ]

森野氏の初の著書「使いこなされる力。」
Photo By スポニチ

 中日OB・森野将彦氏(42)の初の著書「使いこなされる力。」が30日、講談社から発売された。

 同著の「名将たちが頼りにした、“使い勝手”の神髄とは」というサブタイトル通り、星野仙一氏、落合博満氏といった名将との秘話を交えながら「使いこなされる力」について森野氏が書き綴った一冊。

 バッテリー以外、すべてのポジションを守った球界屈指のユーティリティープレーヤーでありながら、中軸を担うなど、チームに欠かせない存在として中日の黄金期を支えた男が、常に組織に必要とされる術について自身の経験をもとに書き下ろした。

 森野氏は「中日ファンをはじめ、ビジネスマンの方々など多くの人に読んで欲しい」と呼びかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース