周東 試合前のルーティン「成功のイメージだけをして」

[ 2020年10月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3ロッテ ( 2020年10月29日    ペイペイD )

<ソ・ロ>初回1死一塁、打者・中村晃の時に一走・周東は二盗成功。12試合連続盗塁成功の日本記録を達成(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】準備、観察から、オリジナル走法での企画実行。日本新の12試合連続盗塁を達成した周東は、毎試合前に本多雄一内野守備走塁コーチと相手投手のしぐさを映像でチェックし、対策を練るのがルーティンだ。

 「成功のイメージだけをして1球目で走るつもりで見ます」。同コーチからは「力まず、焦らず、急がずで。普通に行けば、セーフになるから」とアドバイスされ、出塁を狙う。

 走り方は実に独特。これまで見てきた快足選手の動きをミックスさせたという。「思うがまま。歩幅、腕の振り、すり足、つま先から、かかとからなど考えたことがない。走り方は気にしない。それが自分のスタイルです」。それで、めちゃくちゃ速いから面白い。(ソフトバンク担当・井上 満夫)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース