日本ハム・輝星 今季初勝利1球でスルリ…栗山監督「一生忘れないで」 チームは延長10回劇勝

[ 2020年10月30日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―3オリックス ( 2020年10月29日    札幌D )

<日・オ>6回1死一、二塁、吉田正に逆転3ランを打たれた吉田輝(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝が1球に泣いて今季初勝利を逃した。5回まで2安打無失点も、6回1死から連打の後に吉田正に3ランを被弾。2打席目まで抑えた直球で勝負したが、目下リーグ打率トップの打者に3度目は通らなかった。

 6回3失点で降板。サヨナラ勝ちした打線の奮起で黒星は免れたが「ピンチでの集中力が課題」と自分を責めた。栗山監督は「相手は首位打者を近藤と争っている。悔しがってほしいし、一生忘れないでほしい」と発奮を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース