復活の18年目 巨人・中島 連覇に貢献「たくさんの試合に出してもらい、優勝の輪に入れた」

[ 2020年10月30日 23:27 ]

セ・リーグ   巨人3―3ヤクルト ( 2020年10月30日    東京D )

6回2死一、二塁、左前打を放つ代打の中島(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 復活を遂げた18年目のベテラン、巨人・中島もリーグ連覇に貢献した。

 この日は6回2死一、二塁で代打で登場。左前打で好機を広げた。9回にも無死一塁で右前打。サヨナラのチャンスを築いた。

 いずれも得点にはつながらなかったが、勝負強い打撃での2安打だった。

 「たくさんの試合に出してもらい、その中で優勝の輪に入れたことが一番良かったと思います」

 移籍1年目の昨季は43試合で打率・148。年俸も1億5000万円から2000万円へと大幅減となった。

 今季はその打棒が復活。この日が91試合目の出場で打率・291。「ナカジ」のバットは見事に打線のスパイスになっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース