阪神 幻の押し出し死球…リクエストで判定覆り、勝ち越しならず

[ 2020年10月30日 21:59 ]

セ・リーグ   阪神3―3DeNA ( 2020年10月30日    横浜スタジアム )

<D・神>10回2死満塁、死球と訴える植田(左) 撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神は延長10回、2死満塁で打席には植田。カウント0―1から右手付近に死球を受け、押し出し死球で1点勝ち越し…たように思われたが、ラミレス監督がリクエストを要求。一度は死球の判定が出たが覆り、グリップエンドにあたるファウルと見なされた。

 植田は球審・原に死球のアピールをしたが、実らず。緊迫の展開でのリクエスト成功に球場はどよめき、ラミレス監督は満足そうに頷いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース