巨人 ドラ1平内に指名あいさつ「実感が湧いてきた」

[ 2020年10月30日 13:35 ]

巨人・原監督の直筆の色紙とサイン入りのドラフトのパスを手に笑顔の亜大・平内(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人からドラフト1位指名された亜大の平内龍太投手(22)が30日、東京都武蔵野市の同大武蔵野キャンパスで大塚淳弘球団副代表編成担当らから指名あいさつを受けた。「やっと(プロ入りの)実感が湧いてきた。先発として10勝を挙げるような投手になってほしいと言っていただいた。頑張りたいという思い」と先発としての意欲を語った。

 大塚副代表は「開幕ローテに入ってもらわないとという話をした。(受け答えも)しっかりしてる。社会人としてもトップクラスじゃないですか」と平内の人間性も評価した。

 担当した脇谷亮太スカウトは元ソフトバンクの斉藤和巳氏のようなタイプとし「目標にしてると聞いた時は斉藤和巳さんとダブるとこもあった。球威だったりマウンドでの立ち姿であったり。そういうものも僕の中では好印象」と話した。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース