中日 バッテリーにミス続出 悪送球にボークに捕逸…2回までに2失点

[ 2020年10月30日 18:36 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2020年10月30日    ナゴヤD )

<中・広>力投する先発のロドリゲス(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のバッテリーにミスが相次いだ。

 初回1死一塁で一塁走者・田中広が二盗。捕手・木下拓が刺そうと二塁へ送球したが、球が高く浮き暴投となった間に三塁まで進まれ、木下拓に失策が記録された。

 さらに2死三塁からは先発・ロドリゲスがボーク。三塁走者の田中広が生還し、先制点を失った。

 2回には無死一塁で、ロドリゲスが一塁に悪送球。投手に失策が記録され、二塁まで進まれると、今度は木下拓が捕逸。二塁走者の坂倉は三塁まで進み、松山の適時内野安打で2点目を失った。

 失策数は2ながら、2回までにバッテリー2人で4つのミスを犯し、流れを渡してしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース