目指すは“柳田2世”だ!ソフトB2位・笹川 指名あいさつ受け抱負「打ち損じても本塁打になる打者に」

[ 2020年10月30日 05:30 ]

指名あいさつを受け、ポーズを取るソフトバンクのドラフト2位・笹川(中央)と福山龍太郎アマスカウトチーフ(左)と荒金久雄アマスカウト(右)
Photo By スポニチ

 目指すは「柳田2世」だ!ソフトバンクからドラフト2位で指名を受けた横浜商の笹川が横浜市内の同校で指名あいさつを受け「努力して、早く1軍に入りたい」と意気込みを語った。

 憧れは同じ左打ちの外野手である柳田。「体勢が崩れてもバットが振れているのが凄い」と尊敬し、自身も「打ち損じても本塁打になる打者になりたい」と目を輝かせる。身長1メートル93ながら50メートル6秒2。豪快なスイングと身体能力の高さは柳田に通じる。福山龍太郎アマスカウトチーフは「ひょっとしたら柳田よりも凄い。50発をノルマに頑張ってほしい」と期待を込めた。

 高校入学直後から一日5食を継続中。「(体重を)あと10キロ増やして95キロにしたい。速い球に負けないようにスイング力をもっと上げたい」。ファンの度肝を抜く打球を放つ日は、そう遠くない。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース