ヤクルト・金久保 3年目プロ初先発 最速148キロで5回零封快投も1勝消えドロー

[ 2020年10月30日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―3広島 ( 2020年10月29日    マツダ )

<広・ヤ>ヤクルト先発の金久保(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトはプロ初先発した3年目右腕・金久保の好投を勝利につなげられなかった。

 最速148キロの直球とスライダーを主体に5回1安打無失点。「初先発だったので少し緊張したが、初回から落ち着いて投げることができた」。3点リードで勝利投手の権利を持って降板したが、中継ぎ陣がリードを守れず、プロ初勝利の権利も消滅。今季9度目の引き分けに終わった高津監督も「よく投げた。勝たせてあげたかった」と悔しそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース