巨人連覇に長嶋茂雄氏が愛情メッセージ 岡本には「あとは足りないのは(私のような)格好良さ」

[ 2020年10月30日 22:02 ]

セ・リーグ   巨人3ー3ヤクルト ( 2020年10月30日    東京ドーム )

声援に応える長嶋茂雄終身名誉監督(2019年9月撮影)
Photo By スポニチ

 巨人が30日にリーグ2連覇を達成し、長嶋茂雄終身名誉監督(84)が祝福メッセージを寄せた。原辰徳監督(62)の采配を称え、さらに「4番・三塁」としてチームの顔に成長した岡本和真内野手(24)にも、愛の込められたメッセージを送った。

 メッセージ全文は以下の通り。

 哲学者でも科学者でもないが、私は一つのセオリー(理論)を大切にしている。それは「ジャイアンツセオリー」というものだ。内容的にはジャイアンツがジャイアンツとして、存在し続けるためには、4つのことをしなくてはならない。ただ、これが意外と難しい。しかし、今季の原監督は、そのジャイアンツセオリーを実践していたかのごとく、見事なまでの成果を見せた。

 1つ目は、言わずもがな、勝ったことである。他チームも同じ条件とはいえ、戦い方において、無観客で開幕した今年ほど、難しいシーズンはなかったように思う。そんな中、原監督は選手に個別の指針を示し、選手は原監督の期待にしっかりと応えた。ゲームにおける戦術や選手の的確な起用法は見事だった。テレビ観戦をしていて、たいしたものだな、私は原監督の足元にも及ばないな、と考えさせられる場面がしばしばあった。

 2つ目は、若手を育て、ベテランとの融合を図ったことだ。吉川尚、松原、田中俊、若林らの若手がスタメンに名を連ねるようになった。また北村は、坂本や丸のベテランが不調だった時に、サポートする形で活躍した。戸郷も20歳とは思えぬピッチングをする。よほどいい度胸をしているのだろう。そういう意味では、原監督の育成方針と阿部2軍監督らのファームの指導者にも拍手を送りたい。

 3つ目は、ジャイアンツの「顔」をつくったことだ。別に顔の定義があるわけではない。ただ、レギュラーとして活躍し続け、抜きんでた実績を残し、誰からも愛される。行きつくところは、つまり「紳士」ということになるのかもしれない。そういう意味では、坂本、菅野、丸に続き、岡本もいい顔になってきた。久方ぶりの「4番・サード」だ。守備も安心して見られるようになってきた。あと足りないのは、(私のような)格好良さかもしれない(笑い)。

 そして、最後は、ファンとともに次の時代を見据えることができたことである。なぜなら、ジャイアンツは、永遠に、ファンのための、ファンの共有物でなくてはならないからだ。ところが、今季、原監督はその土台をしっかりと築いてくれた。このたびの連覇で、私は確信した。まずは5連覇、そして見据える先は10連覇でいこう、と。

 4つのことが全て実践されたことで、ジャイアンツの伝統は確固たるものになるだろう。原監督、よくやってくれた!(読売巨人軍終身名誉監督)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース