オリックス 安達が千金V打「チャンスだったので積極的に打ちにいった」

[ 2020年10月30日 21:34 ]

パ・リーグ   オリックス3―2日本ハム ( 2020年10月30日    札幌D )

<日・オ>5回2死二塁、勝ち越しの適時二塁打を放った安達(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 決勝の一打は安達だった。同点に追いつき、なおも2死二塁の好機で結果を示した。1ストライクからの2球目、マルティネスの高め148キロ直球を巧打。二塁手・渡辺のグラブをはじき、左中間方向へ転々とする適時二塁打を放った。

 「打ったのはストレートです。チャンスの場面だったので、積極的に打ちにいきました。しっかりと強い打球を打てましたし、勝ち越しのタイムリーになってくれて良かったです」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月30日のニュース