楽天 初回打者4人で4点先制!茂木が口火の先頭弾、ブラッシュ2戦連発

[ 2019年8月22日 19:25 ]

パ・リーグ   ロッテー楽天 ( 2019年8月22日    東京D )

<ロ・楽>初回、無死二、三塁から3ランを放つブラッシュ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 「犬鷲打線」が、プレーボール直後に爆発した。東京ドームで行われた22日のロッテ戦。初回、先頭・茂木が初球の141キロ直球を弾丸ライナーでバックスクリーン左横に叩き込んだ。「甘い球を積極的にいこうと思っていた。それが最初の打席の初球で出来て良かったです」。リードオフマンの電光石火の13号ソロが打線に火をつけた。

 2番・島内が四球を選び、3番・浅村の左中間フェンス最上部を直撃する二塁打で二、三塁とする。さらに、続くブラッシュがバックスクリーンへの24号3ランを放ち、打者4人であっという間に4点を奪った。2戦連発となる特大弾にブラッシュは「モギがチームに勢いをつけてくれたからね。自分もその勢いに乗れて良かったよ」とご機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース