広島 山口の黒星消すぞ! 龍馬2点タイムリーで1点差「食らいついた」

[ 2019年8月22日 19:42 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2019年8月22日    マツダ )

<広・ヤ>3回2死三塁、西川は右前に2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・西川龍馬内野手(24)は、3点劣勢で迎えた3回1死二、三塁で小川のフォークを右前に運ぶ2点適時打として、1点差に迫った。

 「チャンスだったので食らいついていきました。結果的にいいところに抜けてくれましたね」

 高卒2年目の山口が、7月9日の中日戦以来の先発も2回3失点で早くも降板。“愛されキャラ”の山口の沈んだ表情を少しでも晴らそうと、打線が反撃を開始した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース