ロッテ・井上 2年連続20号到達!球団では初芝以来「誇りに思います」

[ 2019年8月22日 19:22 ]

パ・リーグ   ロッテ―楽天 ( 2019年8月22日    東京D )

<ロ・楽>2回裏、先頭の井上が右中間にソロ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井上が2年連続となる20号本塁打を放った。球団の2年連続20本塁打は、98年から00年まで3年連続達成した初芝清以来。

 0―4とリードされた2回先頭の打席で、美馬の148キロ直球をセンターバックスクリーンの右へ打ち込んだ。

 「ちょっとずつ練習でやっていることが出せてきているのかな。初芝さん以来?誇りに思います。もっと打てるように頑張りたい」

 井上にとっては5日の楽天戦以来17日ぶりの一発。ベンチでナインの祝福と、こちらも17日ぶりの「ご褒美チョコ」を貰って笑顔を浮かべていた。井上は昨季チームトップの24本塁打を放っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース