茎崎ファイターズ、初の決勝進出 桜井、4回無失点救援で勝ち越し呼んだ

[ 2019年8月22日 15:43 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント   準決勝 茎崎ファイターズ(茨城)7―4不動パイレーツ(東京第1) ( 2019年8月22日    神宮球場 )

4回無失点の好リリーフでチームを勝利に導いた茎崎ファイターズの桜井創太
Photo By スポニチ

 茎崎ファイターズが初の決勝進出を果たした。序盤は互いに点を取り合う展開だったが、4―4で迎えた5回に1点を勝ち越し、7回に2点を加えた。主将の高島大悟内野手(6年)は「チーム史上初なので、うれしい。持ち味の打撃もいいし、雰囲気もいい」と手応え。2番手で4イニングを3安打無失点と好リリーフした桜井創太内野手(6年)は「仲間の守備を信じて投げた」と胸を張った。

 決勝の相手は前回覇者の多賀少年野球クラブ。吉田祐司監督は「相手は揺さぶるのがうまい。ここまで来たら、思い切って悔いのないようにやりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース