豊上ジュニアーズ初4強 前田が指示忠実に守ってV打

[ 2019年8月22日 05:30 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント第3日   豊上ジュニアーズ3―2東16丁目フリッパーズ ( 2019年8月21日 )

4回2死満塁、豊上ジュニアーズは代打・前田が勝ち越しの2点適時打を打つ
Photo By スポニチ

 神宮球場など4球場で3回戦8試合と準々決勝4試合が行われ、4強が出そろった。3年ぶり2度目の出場の豊上ジュニアーズ(千葉)は3回戦で先発・前田敬悟投手(6年)が6回1/3を3安打2失点の好投。東16丁目フリッパーズ(北海道南)との準々決勝では4回に代打で決勝打を放ち、チーム初のベスト4進出に貢献した。22日は神宮球場で準決勝2試合が行われる。

 豊上ジュニアーズを初の4強に導く打球が中前に抜けた。4回に同点に追い付き、なお2死満塁。代打で出場して2点打を放った前田は「緊張より自信があった」と満面の笑みで振り返った。

 高野範哉監督いわく「チームで一番怒られる」のが前田だ。サインミスなどは日常茶飯事で「はい、と返事をして違うことをやる。でも意外性があって、ある意味大物」。そんな愛されキャラは、4回の場面では指揮官のアドバイスを忠実に守った。「打席の一番捕手寄りに立って、膝を曲げて、バットを短く持ってセンターに思い切り打て」――。複雑な指示通りの快打に「今日は監督の言うことが聞けてチームに貢献できた!」と喜んだ。

 投げては午前中の3回戦で、15、16年の覇者・長曽根ストロングスを相手に6回1/3を3安打2失点の好投。そして準々決勝では17年Vチームを撃破と、前田の投打の活躍で強豪を続けざまに倒した。初優勝へ視界は良好だ。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース