ロッテ小島、4敗目も自己最長7回2失点 井口監督「いい投球をしてくれた」

[ 2019年8月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3楽天 ( 2019年8月21日    ZOZOマリン )

3回、村林の打球を指さす小島(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテはドラフト3位・小島がプロ最長の7回を投げ、2失点の好投も4敗目を喫した。「相手は則本(昂)さんなので1点勝負と思った」。3回に早大の3学年先輩の茂木に先制ソロを被弾。7回にはブラッシュにもソロを許し「あの2点目が余計だった」と悔やんだ。

 3位浮上のチャンスを逃したが、井口監督は小島について「いい投球をしてくれた」と評価し、左腕も「ストライク先行の投球はできた」と収穫を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース