巨人、丸&岡本で2得点 初回と3回いずれも2死無走者から

[ 2019年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―2中日 ( 2019年8月21日    ナゴヤD )

3回2死二塁、岡本は中前適時打を放つ(右は菅野)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人は丸、岡本の3、4番の連打で、いずれも2死無走者から得点を奪った。初回2死から丸が右中間二塁打し、岡本が中前適時打。3回も丸を二塁に置き、中前適時打を放った。

 共に3安打を放ち、2打点の4番は「2アウトから点を取られたら相手も嫌だと思いますし、良かったです」。原監督は「効果的に点数が入りましたね」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース