ソフトB・内川 5回の前にトイレで和田と遭遇「今日俺打つわ」 直後に逆転二塁打

[ 2019年8月22日 21:42 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―1オリックス ( 2019年8月22日    ヤフオクD )

5回2死一、二塁、中越え適時二塁打を放った内川は両手を挙げガッツポーズをする(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは、先発の和田が6回2安打1失点の好投でプロ通算130勝となる今季4勝目をマーク。1点を追う5回、内川の適時二塁打で逆転に成功した。

 殊勲の一打を放った内川は「3回にもチャンスで回って来た時に打てなかったので、何とかしたいと思っていました。柳田の後を打つということは、こういうことかなと凄く感じていたので、結果が出て良かったと思います」と振り返り、「柳田は足の状態がありますので、本当ならホームランを打って歩いてホームまで帰ってくることがいいんでしょうけど、今日はファーストからホームまで帰ってきてくれましたので、本当にありがたいと思います」と語った。

 先発の和田の好投に応えたい気持ちはあったのか聞かれると「5回の打席に入る前に、たまたまトイレで和田さんと並んで『和田さん、今日俺打つわ』と言ったすぐ後にチャンスだったので『いらんこと言わなければ良かった』と思いました。だけど、言ったからにはどうにかしないといけないと思って打ちました」とベンチ裏での出来事を明かした。「和田さんと一緒にお立ち台に立てるのは、凄く嬉しいですし、柳田が帰ってきてこの場に居られてうれしいなと思います」と話した。

 今後に向けて「なかなか思うような結果が出てなくて、毎日葛藤しながらプレーしてます。だけどファンの皆さんがこれだけ応援してくれることが毎日勇気と持って打席に立たせてもらっています。なのでこれからも変わらない大きな声援をくれれば嬉しいなと思います」と意気込んだ。

 最後に「しばらくヤフオクドームを離れますが、ヤフオクドームでプレーする時と変わらない気持ちでファンの皆さんには力を送ってほしいと思います。皆さんの力を存分に感じながらビジターで頑張ってきます」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月22日のニュース