清宮4番初アーチも…日本ハム連敗で借金3 最下位オリと0・5差

[ 2019年8月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―11西武 ( 2019年8月21日    メットライフD )

2回無死、清宮が右越えにホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が4番7試合目で初本塁打を放った。2回に榎田から右翼席上段へ特大の4号ソロ。プロ通算11本目で初の左腕からの一発に「しっかり整理して打席に臨めた。苦手意識はない」と納得の一発だったが、自らの失策も含む5年ぶりの5失策と守備が乱れて2連敗を喫した。

 8月は2勝14敗1分けの大失速。今季ワーストの借金3で最下位のオリックスに0・5ゲーム差に迫られたが、栗山監督は「今の順位は関係ない。最終的に何位かということ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース