中日・小笠原4失点KOで初黒星 打線は連夜の拙攻 与田監督「心身共に鍛えるしかない」

[ 2019年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―5巨人 ( 2019年8月21日    ナゴヤD )

6回途中4失点でKOとなり、降板する小笠原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・小笠原が5回1/3を4失点で今季初黒星を喫し、チームも4連敗に沈んだ。岡本に2打席連続適時打を浴び、6回には阿部、ゲレーロに2者連続被弾。先発として試合をつくれず「申し訳ないです。次、頑張ります」と唇をかんだ。

 打線も相手を上回る12安打を放ちながら、2点止まり。連夜の拙攻に与田監督は「言ってもしょうがない。心身共に鍛えるしかない」と腕組みした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース