履正社・井上、U18代表外れた悔しさは「奥川討ち」で晴らす

[ 2019年8月22日 05:30 ]

トスバッティングする履正社・井上 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 発表されたリストに名前はなかった。大会後、韓国遠征を控えるU18日本代表。準決勝までの5試合で打率.429、2本塁打、11打点の履正社の4番・井上は「残念です。でも目標はU18ではなく、日本一です」と初の頂点へ気持ちを入れ替えた。

 「奥川討ち」で晴らすしかない。今春センバツでは初戦で17三振を喫して零敗。井上も無安打で2三振。「あの負けがあるから、ここまで来られた。やっと借りが返せる。打倒奥川のためにやってきたことを出し切ります」と気合を入れた。

 前日練習では約5メートル打撃投手を前に出し、攻略イメージを確認した。岡田龍生監督も「ビデオも見たくないくらい奥川君はバージョンアップしている。ポイントは1番とクリーンアップ」と期待した。63年明星(大阪)の初優勝と似た部分がある。明星はセンバツ初戦で下関商(山口)に零敗。相手エースは池永正明(元西鉄)だった。明星は打倒・池永を誓い、夏の決勝で下関商に勝利した。大阪桐蔭に続く大阪連覇へ、同じストーリーを描く。 (鈴木 光)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース