阪神・望月 5回無失点でプロ初勝利の権利 4回満塁ピンチで大和三振斬り

[ 2019年8月22日 19:40 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年8月22日    京セラD )

<神・D>4回のピンチを脱した望月は意気揚々とベンチに引き揚げる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今季3度目の先発となった阪神・望月が粘りの投球でプロ初勝利の権利を手にした。

 初回から150キロ超えの直球を軸にDeNA打線と対峙し2回まで1安打無失点。3点の援護をもらった直後の4回は1死満塁のピンチを招くも、大和を直球で見逃し三振に仕留め、代打・戸柱も左飛に抑えて得点を与えず。5回も2死一塁でロペスを二ゴロに封じ5回までスコアボードにゼロを並べ、待望の白星へ着実に近づいていった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース