西武・内海 実戦復帰2戦目で2回3失点 1軍昇格は「本来の投球ができるようになれば」と小野コーチ

[ 2019年8月22日 17:04 ]

イースタン・リーグ   西武1―10楽天 ( 2019年8月22日    森林どり泉 )

 西武・内海哲也投手が22日、イースタン・楽天戦に先発。2回6安打3失点で2敗目を喫した。

 初回は先頭・小郷からの3連打で1失点。2回にも連打に四球で無死満塁とし、西巻の中犠飛などで2点を失った。

 左肘の張りで2軍調整中の内海は、今月16日のイースタン・巨人戦で約3カ月半ぶりに実戦復帰。0/3回を5安打8失点(自責7)で、そこから中5日でのマウンドだった。

 小野投手コーチは「(1軍昇格のメドは)何の問題もなく100球を投げられるように。結果は関係ない。内海本来の投球ができるようになれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース