豊上ジュニアーズ 初の決勝進出ならず 主将・酒井「悔しい」

[ 2019年8月22日 12:47 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント   準決勝 多賀少年野球クラブ(前年度優勝)10―0豊上ジュニアーズ(千葉) ( 2019年8月22日    神宮球場 )

 豊上ジュニアーズの初の決勝進出はならなかった。2回の守備中に雨が強くなった影響からか、先発の前田敬悟投手(6年)が制球を乱してこの回4失点。攻撃では鋭い当たりがことごとく正面を突き、3安打無得点と流れを変えることができなかった。

 高野範哉監督は「(相手投手は)内外角のコースをきっちり投げていた。投げるコースと守備位置が連動していて、ライナーも守っているところにいった」と振り返り、「(全国大会)常連のチームと、そうでないチームとの差が出た」と相手を称えた。

 主将の酒井一玖(いっきゅう)内野手(6年)は「絶対優勝しようと思って試合をしたけど、果たせなくて悔しい。中学でも野球は続けます」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月22日のニュース