ダル、3試合ぶり失点も制球手応え「今はレベルが全然違う」

[ 2019年7月25日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス4―5ジャイアンツ ( 2019年7月23日    サンフランシスコ )

ジャイアンツ戦に先発し、6回を6安打4失点だったカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 カブス・ダルビッシュが3試合ぶりに失点した。1点リードの2回に犠飛で追い付かれ、2―1の4回にソロ被弾を含む3失点。1死一、二塁から「カッターがインロー(内角低め)にいって、打たれるべくして打たれた感じ」と悔やんだ。

 6回を6安打4失点。勝敗は付かずチームはサヨナラ負けを喫したが、ストライク率74%と制球に不安はなくなったことで試合はつくれている。「前はストライクを投げられたらハッピーだったので、今はレベルが全然違うなという感じ」と現状を再確認できた様子だった。(奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース