西武、今井で敗れ4位転落 辻監督は苦言「同じことの繰り返し」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―4楽天 ( 2019年7月24日    楽天生命パーク )

4回1死一塁、浅村に同点の右越え2ランを打たれた今井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・今井が7回途中4失点で8敗目を喫し、チームは4位に転落した。

 3回までは1安打無失点。しかし、味方が2点を先制した直後の4回に浅村に同点2ランを浴び、1点リードした直後の6回にも銀次に逆転2ランを被弾。「走者が出てから、しっかりコースに投げ切れなかった」と肩を落とした。直近2試合でも援護点をもらった直後に点を取られており、辻監督は「同じことの繰り返し」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース