【岩手】大船渡・佐々木にメジャー5球団熱視線 フィリーズスカウト、修正能力評価

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 岩手大会準決勝   大船渡5-0一関工 ( 2019年7月24日    岩手県営 )

9回15奪三振の完封の力投を見せた大船渡・佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 今大会中最多となるメジャー5球団も、大船渡・佐々木に熱視線を送った。

 2人体制で視察したレンジャーズをはじめ、ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズ、パイレーツのスカウトが集結。各球団がコメントを自粛する中で、フィリーズの大慈弥功環太平洋担当部長は「立ち上がりで制球が定まらない中、修正できていた。修正能力は優れた投手の資質の一つだからね」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース