【西東京】日大三4強ならず…プロ注目152キロ右腕・井上「力不足」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 西東京大会準々決勝   日大三4-6桜美林 ( 2019年7月24日    神宮 )

桜美林に敗れた日大三・井上(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 日大三は2年連続の甲子園出場を逃し、19年連続の4強入りもならなかった。プロ注目の152キロ右腕・井上は、3回無死二塁から3番手で登板。ただ、6回8安打2失点と流れを引き戻せず「真っすぐが走らず、コントロールも悪かった。自分の力不足です」。

 今後の進路は未定だが、ネット裏には複数球団のスカウトが集結。ソフトバンクの永井智浩スカウト部長は「本調子ではないと思いますが、直球も変化球もボールを操れる。指先の感覚が優れた選手」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース