マエケン、制球定まらず7敗 2回の代打・大谷に驚き「まさか」

[ 2019年7月25日 02:30 ]

インターリーグ   ドジャース4―5エンゼルス ( 2019年7月23日    ロサンゼルス )

エンゼルス戦の2回、代打大谷(左)に先制打を浴びたドジャース・前田 
Photo By 共同

 ドジャース・前田は制球が定まらず球数がかさみ苦しんだ。2回は2死から7、8番打者に四死球で走者をため、代打・大谷に先制打された。「あの場面でまさか出てくるとは思わなかった。抑えれば流れは変わった」というが、それ以上に「7、8番を出したことが全て」とその前の制球難を悔やんだ。

 5回はトラウトに失投を勝ち越しソロとされ、次打者に二塁打を許して降板。4回1/3を3失点で7敗目(7勝)を喫し「もう少し早い勝負をしないと」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース