DeNAロペスが先制2ラン 後半戦6勝のうち5度目の勝利打点

[ 2019年7月25日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―1阪神 ( 2019年7月24日    甲子園 )

4回1死二塁、ロペスは左越えに先制の2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 DeNA・ロペスが決勝打となる先制の23号2ランで浜口を援護した。4回1死二塁から青柳のスライダーをすくい上げ、左翼席へ運んだ。

 最近7試合で4発と量産態勢。後半戦の6勝のうち、5度目の勝利打点を挙げた助っ人は「完璧に捉えることができたが上がりすぎたので“スタンドまで届いてくれ”と思いながら走った」と安どした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース