中日・山本、プロ初先発で5回2失点好投 初回悔やむ「もったいなかった」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0―2広島 ( 2019年7月24日    マツダ )

プロ初先発の山本 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今季初登板でプロ初先発の高卒2年目、中日・山本は5回を投げて試合はつくったが、先頭の西川に本塁打を浴びるなど初回に2失点。「2回以降は思ったところに投げられた。それだけにもったいなかった」と残念がった。

 打線はジョンソンに今季最少1安打に封じられて5連敗。与田監督は「次に向けて、何とか攻略しないと」と打線の奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース