【山形】鶴岡東、猛打11得点で3年ぶり甲子園 恐怖の8番宝田3安打3打点「今年こそは、と」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 山形大会決勝   鶴岡東11-7山形中央 ( 2019年7月24日    荘内銀行・日新製薬スタジアム )

4回2死二塁、鶴岡東・宝田が左前適時安打を放つ(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 鶴岡東が猛打で3年ぶりの甲子園を決めた。2―2の5回に4安打4四死球で一挙7点。今大会3度目の2桁となる11点を奪って山形中央を押し切った。

 「ホッとした。ピンチもチャンスもあったが、生徒が落ち着いてやるべきことをやってくれた」と佐藤俊監督。羽黒との昨年の決勝では延長11回にサヨナラ本塁打を浴びた。「3年生が悔しい思いをして、その姿を近くで見ていた子が頑張った」とナインを称えた。

 8番・宝田は3安打3打点で準決勝と合わせて7打点の活躍。「恐怖の8番打者」は「今年こそは、と全員で頑張ってきた」。チーム打率は・389で、5試合で1失策と堅守も光る。過去5度の夏は15年に1勝も、それ以外は初戦敗退。応援席に掲げられた「全員野球の神髄ここにあり!」の横断幕のごとく総力を結集して夢舞台で戦う。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース