ヤクルト・バレンティン 4戦連発で4年連続20号到達「完璧にとらえられた」

[ 2019年7月25日 20:17 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年7月25日    岐阜 )

<巨・ヤ>5回無死、バレンティンはソロ本塁打を放ちナインの出迎えに笑顔(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(35)が21日の阪神戦から4戦連発となる20号ソロを放った。6月21日のロッテ戦以来、約1カ月ぶりに4番で先発した25日の巨人戦(岐阜)で、4点リードの5回無死から鍵谷の外角高めのフォークを左翼席上段まで運んだ。「甘く入ってきた球を完璧にとらえることができました」と振り返った。来日9年目の助っ人は4年連続8度目の「20発」に到達した。

 2回には2死満塁からヤングマンの外角スライダーを中前に運ぶ2点適時打も放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース