阪神・青柳7回2失点好投も 痛恨1球悔やむ「僕のミス」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3DeNA ( 2019年7月24日    甲子園 )

8回、一度マウンドに上がったものの、代打・乙坂のコールで交代する青柳(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 悔しすぎる1球だ。0―0の4回1死二塁。阪神先発の青柳はロペスにフルカウントからのスライダーを左翼席に運ばれた。四球でも1死一、二塁で次打者は俊足ではない宮崎だから併殺を狙える。長打力のあるロペスは歩かせてもOK。捕手の原口は外角ボールゾーンに構えていた。しかし……。まさかの制球ミスで真ん中付近に入り仕留められた。結果的にはこの一発が決勝点となった。

 「原口さんとも“フォアボールで次の打者と勝負になってもいい”という話をしていた。外に投げきれなかった僕のミスです…」

 高く上がった打球は浜風にも乗りフェンス上部の黄色いバーに当たって観客席側に跳ねた。とはいえ、それ以外は言うことなしの投球。3回まで32球で無失点で切り抜けると5~7回は安打を許さず重量打線を料理した。

 右打者の被打率・186に対し、同・326と苦手な左打者に許した安打は、3回1死からの神里の中前打のみ。「うまく攻めることができました」と四隅に投げ分け、満足なスイングをさせなかった。直近3試合は5回もたずに降板していたが、後半戦初登板となったこの日は7回まで投げ93球で2失点。「迷惑をかけていたので、投げ切れたのは良かった」と話すようにシーズン前半のような安定感が戻ってきた。

 矢野監督は「全体的にはナイスピッチングやったと思う」と評価したうえで「不運ではないでしょう。あそこをどうするか、というのを青柳には求めていきたいところやし。レベルとしては上がってきていると思うのでね。だからこそ、そこをしっかり」と被弾した場面について、さらなる上の結果を求めた。

 自身黒星が先行する6敗目(5勝)を喫したが、決して悲観的になる内容ではない。メッセンジャーの長期離脱が決まったいま、ローテーションの柱として期待が膨らむマウンドだった。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース