西武・松本航が5勝目 6回8奪三振の快投に「しっかりいいコースに投げられた」

[ 2019年7月25日 22:16 ]

パ・リーグ   西武5-1楽天 ( 2019年7月25日    楽天生命 )

ファンの歓声に応える松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラ1ルーキー・松本航が初対戦となった楽天戦で躍動。8奪三振の快投で、6回を1失点でまとめて5勝目を挙げた。

 初対戦の楽天については「初対戦ということもあって、自分のボールを思い切って投げようと試合に臨みました」という。3回までパーフェクトの内容には「イニングの先頭バッターをしっかり打ち取ろうとした結果がいい方向にいったと思います」と笑顔だった。

 4回と5回は得点圏にランナーを背負うも、後続を打ち取り両イニングともに無失点で切り抜けた。その状況を振り返り、「何とか粘ることができたのはよかったと思います」とホッと胸をなでおろした。

 マウンドを降りた6回まで毎回、自己最多の8三振を奪った松本。ルーキーらしからぬ投球を見せた若武者は「狙ってはなかったんですけども、しっかりいいコースに投げられたのはよかったと思います」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース