ダルビッシュ 登板一夜明け軽め調整 次回は中6日でカージナルス戦へ

[ 2019年7月25日 18:17 ]

23日のジャイアンツ戦に登板したカブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 23日のジャイアンツ戦で6回4失点で勝敗が付かなかったカブスのダルビッシュ有投手(32)が一夜明けた24日(日本時間25日)、軽めのキャッチボールで調整した。

 試合開始約1時間前にフィールドに出て、10~25メートルほどの距離で約2分間、短めに体を動かした。その後はスタンドのファンの求めに応じ、サインをする場面もあった。次回登板は中6日を空け30日(同31日)のカージナルス戦の見込みとなっている。

 この日、カブスはジャイアンツを4―1で下し、連敗を3でストップ。ナ・リーグ中地区首位の座を守った。(サンフランシスコ・奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース