【兵庫】姫路南、勝利の方程式崩れ…左腕・照峰、悔い残る1球

[ 2019年7月25日 14:08 ]

第101回全国高校野球選手権 兵庫大会準々決勝   姫路南4-7明石商 ( 2019年7月25日    姫路ウインク )

 勝利の方程式が崩れた。姫路南4点リードの中、先発・谷から5回にバトンを受けた左腕・照峰が制球を乱し、明石商打線につかまった。6回に2点適時打を許すと、7回は3連続四死球で無死満塁のピンチを招き、明石商・重宮の逆転3点二塁打を浴びた。「必死に取った4点を、自分のせいで失ってしまって…。みんなに申し訳ない。ストライクが欲しくて、指にかからないまま投げた1球に悔いが残ります」と涙だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース