大谷 代打で四球出塁 エンゼルスは1点差勝利

[ 2019年7月25日 14:59 ]

インターリーグ   エンゼルス3―2ドジャース ( 2019年7月24日    ロサンゼルス )

<ドジャース・エンゼルス>8回、代打で四球を選んだエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が24日(日本時間25日)、敵地ロサンゼルスでのドジャース戦の8回に代打で登場し、ドジャース4番手のバエスから四球を選んだ。試合は3―2でエンゼルスが勝利した。

 DH制がないため、ベンチスタートとなった大谷。1点リードで迎えた8回、先頭打者として代打で登場し、ドジャース4番手のバエスと対戦。カウント3-1からの6球目を選び四球で出塁した。

 試合は、カルフーンのソロ本塁打などでリードを奪ったエンゼルスが3―2で勝利した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース