【高知】高知商、圧勝でベスト4進出 「8番・投手」真城が4回無失点

[ 2019年7月25日 11:35 ]

第101回全国高校野球選手権高知大会 準々決勝   高知商13―1高知西(5回コールド) ( 2019年7月25日    春野 )

<高知商・高知西>4回を完璧に抑えた高知商先発の真城翔大
Photo By スポニチ

 昨夏の高知の覇者・高知商が圧勝した。3回までに大量11点を奪い、高知西を圧倒。ベスト4に駒を進めた。投げては「8番投手」で先発したエース右腕の真城翔大が1人の走者も許さず4回無失点。「ストライク先行で投げられた」と振り返った。

 高知商では昨年12月、ダンス同好会が500円の入場料を取って開催した発表会にユニホーム姿で出演したことが、野球部員の商業的利用を禁じた日本学生野球憲章に抵触するとして問題となった。あくまでもチアリーディングで応援してくれたお返しの意味だったが、波紋が広がった。誤解を招く行動は当然慎むが、山崎大智主将は謙虚に「応援してもらっているので、野球でしっかり恩返しができたら」と、変わらぬ感謝の気持ちを口にし、2年連続の夏の甲子園出場へ決意を新たにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース