広島・野村 史上354人目の1000投球回達成 44日ぶり1軍マウンド、国内FA権獲得のその日に…

[ 2019年7月25日 19:33 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2019年7月25日    マツダ )

<広・中>先発の野村 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の野村祐輔投手(30)が25日の中日戦(マツダ)で史上354人目となる1000投球回を達成した。

 6月11日の日本ハム戦(札幌D)でプロ最短の初回5失点KO。国内FA権取得予定だった翌12日に故障以外では4年ぶりとなる出場選手登録抹消となったが、この日1軍に再昇格して国内FA権を獲得し、先発マウンドに立った。

 44日ぶりの1軍マウンドは2回に三好の先制ソロなどで3点の援護をもらうも4回に守備の乱れもあって2失点。3―2と1点リードで迎えた5回、先頭の木下拓と続く先発投手のロメロを連続で見逃し三振に打ち取って2死とした時点で1000投球回達成となった。2死から平田にこの試合初めての四球を与えたが、後続を打ち取って勝利投手の権利も獲得。花束を受け取ると、スタンドに向かって何度も頭を下げ、控えめな笑みを浮かべた。

 野村は広陵、明治大を経て2011年ドラフト1位で広島入団。1年目の12年4月1日中日戦(ナゴヤD)で初登板初先発を果たした。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース