【西東京】早実、先制も終盤逆転許す 生沼主将「次の1点を奪えなかった」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 西東京大会準々決勝   早実2-6国学院久我山 ( 2019年7月24日    神宮 )

サヨナラ負けを喫し、国学院久我山の校歌を聞く清宮(左から2人目)ら早実ナイン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 早実は初回から幸先よく1点を先制したが追加点を奪えず、終盤に逆転された。8回に再び追い付いたが、最後はサヨナラ満塁弾に屈した。徐々に相手に流れが移るような展開に、主将の生沼は「先制しましたが、なかなか次の1点を奪えなかった。攻撃が(チームの)リズムを崩してしまった」と振り返った。

 今春入学した日本ハム・清宮の弟・福太郎はベンチスタートのまま出場機会もなく、1年目の夏を終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース