【栃木】青藍泰斗、タイブレーク制し3年連続4強 新校名初聖地へ「あと2試合勝つ」

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 栃木大会準々決勝   青藍泰斗8―7宇都宮工 ( 2019年7月24日    栃木県総合運動公園 )

 青藍泰斗はタイブレークの末に宇都宮工を8―7で下し、3年連続の4強入りを決めた。延長14回1死二、三塁から1番・青山が中前にサヨナラ打。「打った感覚は良くなかったけど、3年生としての意地を見せられた」と喜んだ。

 甲子園出場は校名が「葛生」だった90年の一度だけ。青山は「あと2試合勝って甲子園に行きたい」と29年ぶりの聖地に目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース