【岐阜】中京学院大中京 U18代表候補捕手・藤田が16点大勝けん引

[ 2019年7月25日 05:30 ]

第101回全国高校野球大会 岐阜大会4回戦   中京学院大中京16-0高山西(5回コールド) ( 2019年7月24日    大垣市北公園野球場 )

 中京学院大中京は初回2死一塁で打席に向かう藤田は「ここはつなぐ場面」と自分に言い聞かせた。高校通算23本塁打のスラッガーだが、初球を右前に運んだ。直後の4連続適時打は全て中堅から逆方向。主将の姿勢が17安打16得点の大勝に導いた。

 4月のU―18高校日本代表1次候補合宿では、大船渡・佐々木の163キロを捕手として体感。「正直、怖かった」と捕球の重要性を再認識した。「合宿のメンバーと甲子園で勝負したい」と聖地で160キロと再会するためにはまだ負けられない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月25日のニュース