広島・コルニエル 来日初ホールド “7回の男”任せた!

[ 2021年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島9-2DeNA ( 2021年5月14日    マツダ )

<広・D>7回に登板した広島・コルニエルは3者凡退に抑える(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・コルニエルが来日初ホールドを挙げた。

 5―2の7回に2番手で登板。宮崎を田中広の好守で遊ゴロとすると、代打・神里は9球全て直球で空振り三振。代打・山下はスプリットで三ゴロに打ち取った。

 「展開に関係なく積極的な投球で抑えることを意識した。これからも勝ちパターンで投げていきたい」

 劣勢での登板が多かったが“7回の男”として初登板。佐々岡監督は「安定しているので、こういう形でいきたい」と今後も勝ちパターンでの起用を明言した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース