ロッテ・朗希 16日西武戦で初先発決定!1軍合流、本拠ブルペンで21球調整

[ 2021年5月15日 05:30 ]

<ロ・西>試合前、外野で調整トレーニングする佐々木朗(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの2年目右腕・佐々木朗が、1軍に合流。西武3連戦が行われるZOZOマリンのブルペンで21球投げるなど最終調整に入った。井口監督は「(佐々木)朗希は日曜日です」と、16日の3戦目での先発デビューを明言。「任せるぞ」と声を掛けたという指揮官は、「本人が一番楽しみにしてるような感じに見えた」と明かした。

 佐々木朗はイースタン・リーグでは5試合で1勝0敗、防御率0・45と安定。最速163キロを誇る直球も、前回8日の楽天戦では156キロまで上がってきた。球数は100球以内をめどとしており、今季のドラフト1位左腕・鈴木をブルペン待機させる万全の態勢で「令和の怪物」の初舞台を全力でサポートする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月15日のニュース